痛みに配慮した治療

痛みが不安な方へ

痛みに配慮した治療

歯医者が「怖い」「痛い」と思っている方や実際にそのような思いをした方はまだ多くいらっしゃるかと思います。

痛みが不安な患者さんでも通いやすいよう、池尻大橋の歯医者「世田谷デンタルオフィス池尻大橋」は、痛みに最⼤限配慮した治療を⾏っております。

患者様が治療時の痛みやストレスをなるべく感じることのないように、当院ではさまざまな配慮をしています。
「麻酔注射や治療の痛みが怖い…」という方にも、安心して診療を受けて頂いております。

麻酔時の痛みを
最小限にするための
3つの取り組み

  • 1
    事前の表面麻酔

    事前の表面麻酔

    歯茎に麻酔の針を入れる前に表面麻酔を行います。
    針が入る時のチクッという痛みを感じることなく本麻酔を行うことができます。

  • 2
    超極細の針を採用

    超極細の針を採用

    注射の針は細ければ細いほど痛みを軽減することができます。当院では注射針にもこだわり、非常に細い種類の針を採用しています。

  • 3
    痛みを抑える手技・優しくお声かけ

    痛みを抑える手技・
    優しくお声かけ

    治療中においても優しくお声がけをするなどして、常に安心して治療を受けていただけるよう配慮をしております。気になることは、どうぞ遠慮なくお申し付けください。

歯科恐怖症の方も安心:
笑気麻酔法・静脈内鎮静法に対応

世航会デンタルオフィスでは、笑気麻酔・静脈内鎮静麻酔の2つを、患者様のご希望や治療内容により使い分けています。

可能なかぎり「歯を削らない・抜かない」ことを重視し、「痛みやストレスの少ない」治療に努めております。お口周りで気になることがございましたら、安心して当院へご相談ください。

笑気麻酔

笑気麻酔は低濃度の笑気ガスを吸入する、弱い鎮静・催眠作用と鎮静作用がある麻酔です。笑気麻酔を用いればリラックスすると共に痛みを感じにくくなります。吸入しながら局所麻酔を行うと、「痛みをとめるための麻酔が痛い」というジレンマが軽減されます。 呼吸器や循環器にほとんど影響を与えません。吸入中止後、数分で帰宅可能となります。

麻酔

静脈内鎮静法

※けやき坂医院のみとなります。
静脈内鎮静法は、笑気麻酔と同様に歯科恐怖症の方や、インプラントの手術などをするときに用いられる麻酔法です。鎮静剤や鎮痛剤を直接静脈に投与しますので、笑気麻酔より効果は高いと言われいます。全身麻酔と違い術中に意識はありますが、恐怖心や痛みはほとんど感じなくなりますので、外科手術において術後の腫れや痛みを抑えたい場合に有効です。効果は非常に高いのですが、保険適応外の為、費用がかかります。

静脈内鎮静

再発を予防する・
治療後もしっかりとサポート

治療を終えた後、患者様が再び虫歯を繰り返さないように「予防ケア」にも力を入れています。口腔管理のプロフェッショナルである歯科衛生士と連携しながら、定期的な検診やメインテナンスを通じて、患者様の将来を見据えた歯の健康づくりもしっかりとお手伝いします。

診療科目一覧

出来るだけ痛みの少ない治療を心がけて、患者様に安心して治療に専念いただける環境を作っております。
歯医者の怖さを抑えるために、しっかり丁寧にカウンセリングの時間を確保します。
お口の健康増進を通して社会貢献を多くの人に行います。
健康で文化的な人間性のあふれる歯科医療人を育成します。

池尻大橋の歯医者・歯科なら
世田谷デンタルオフィス池尻大橋
ネット予約 電話をかける