小児歯科

当院の取組みと
親御さんへのお願い

当院の取組みと親御さんへのお願い

お子さんに安心して通院して
いただくために

歯科医院に対して“痛い・怖い”といったマイナスイメージをお持ちの方が、お子さんにも大人の方にも大勢いらっしゃると私たちは痛感しています。
同時に、「お子さんには安心して通院していただきたい」「できれば虫歯ゼロの状態で健やかに成長して欲しい」という思いを、私たち歯科医師・スタッフともに抱いています。

当院では、お子さんの治療に対する不安感や恐怖心を取り除くために、最大限の配慮のもと診療を行なっております。そして、そこで不可欠になってくるのが、保護者の方のご協力です。

お子さんに安心して治療を受けていただけるよう、私たち歯科医師やスタッフも精一杯努力いたしますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

子どもの歯は大人の歯より虫歯になりやすい?

お子様の歯は、大人の歯と比べると同じ永久歯であっても歯の再石灰力が弱く、エナメル質や象牙質が薄いため虫歯になりやすい状態です。
また、乳歯が虫歯になった場合、痛みを感じにくく進行も早いため、虫歯がかなり進行した状態で発見されることが少なくありません。

当院にご来院されるお子様のなかでも、このようなケースはたびたび見られます。虫歯を予防し、お子様の大切な歯の健康を守っていくためには、より一層の注意が必要です。

歯医者に通い始める時期やタイミング

当院の小児歯科では、毎日の正しいお口のケアの仕方や生活習慣に関するアドバイスもしていますので、歯が生え始める前の0歳の段階から定期的に通っていただくことで、お口の中の虫歯菌を減らすことができます。

また、特に1歳半~3歳ごろまでの間は「感染の窓」とも呼ばれており、この時期にお口の中に虫歯菌が少なければ、将来的な虫歯になるリスクを少なくできると考えられています。トラブルのない時期から、なるべく早い段階で一度ご来院いただくことをおすすめします。

お子様の虫歯予防ケア

自宅でできる虫歯の予防ケア(ホームケア)について

大人にも子どもにも共通することですが、虫歯を予防するには歯ブラシの頻度・間食の回数・定期的に検診を受けているかどうかが重要なポイントとなります。

特に自己管理がまだ難しい年頃のお子様におきましては、お菓子を食べる時の決まり事として、食事や間食後に歯磨きをきちんとすることを習慣づけることが大切です。
また、小さなお子様は歯ブラシをまだうまく使うことができませんので、お子様の歯磨きが終わったら保護者様がチェックと仕上げ磨きをしてあげてください。

毎日の歯磨きが習慣化して正しいセルフケア身につけば、お子様の一生涯を通じた健康へとつながる、かけがえのない贈り物になると考えております。

また、歯ブラシはお子様の持ちやすい柄の小さいもので、毛先はやわらかいもが使いやすいでしょう。当院では歯ブラシなど様々なセルフケアグッズも取り扱い、お子様の年齢やお口の状態に合わせたご提案も可能です。お気軽にご相談ください。

お子さんを
虫歯から守るための
診療メニュー

お子さんを虫歯から守るための診療メニュー

フッ素塗布

高濃度のフッ素を歯に塗布する予防ケアです。フッ素にはエナメル質や象牙質などの歯質を強化する効果と、虫歯菌に作用して虫歯の原因である『酸』の生成を抑える効果があります。定期的にフッ素塗布を行えば、虫歯リスクを抑えることができます。

シーラント

奥歯の溝は歯ブラシが届きにくく、歯垢(プラーク)が溜まりやすい場所です。シーラントは、この溝を歯科用プラスチックで物理的に埋めることで、汚れや細菌が溝の奥に入り込みにくくする虫歯の予防ケアです。また、シーラントにはフッ素が含まれているので、歯がフッ素を取り込み、歯が強くなることも促進します。

シーラントは、時間が経つと欠けたり剥がれたりするので、定期的にしっかりついているかチェックすることが重要です。またシーラントをすると虫歯が必ずしもできなくなるわけではないので、しっかり歯磨きをするようにしましょう。

ブラッシング指導(歯磨き指導)

お口の健康を守るには毎日の適切な歯磨きが大切です。お子さんの年齢やお口の状態に合わせた正しい歯磨きの仕方を、当院の歯科医師や歯科衛生士がやさしくアドバイスします。保護者の方には仕上げ磨きのポイントなどをお伝えします。

小児歯科でよくあるご質問(Q&A)

赤ちゃんの歯が生える時期はいつ?

ある日ぽつんと見えてくる小さな乳歯は、赤ちゃんの成長を実感させるものです。一般的には、歯の生え始めはおおよそ生後6~9ヶ月ぐらいですが、歯が生える時期には個人差がありますので、多少遅いからといってそれほど心配する必要はないでしょう。

下の前歯から始まり、2歳半頃に奥歯が生えてそろうのが平均的ですが、それにも個人差があるようです。歯の生え始めは歯ぐきがムズムズするため、歯が生えてくる時期は不快感でグズグズ泣く赤ちゃんもいます。夜泣きの原因といわれることもあります。

乳歯はいつまでに生え揃うのが一般的ですか?

一般的には6か月から3歳までに乳歯合計20本が生えそろいます。個人差があるので、ご心配の場合は歯医者さんでレントゲン撮影をして、乳歯が近々生えるのかどうか見てもらうのが良いでしょう。

まれに乳歯が先天的に欠如している場合もあります。その時は永久歯も欠如している場合も多いので、やはり6~7歳くらいにはレントゲン撮影を行い、すべての永久歯がるのかどうかチェックしておくと安心でしょう(上下4・5番に多い)。

前歯がすきっぱでも大丈夫でしょうか?

乳歯がすきっ歯であることは問題ありません。乳歯間の隙間があることで、今後生えてくる幅の広い永久歯がその空いたスペースに入り込み、キレイな歯並びになりやすいと言われています。

むしろ乳歯の時にすきっ歯ではないお子様は、永久歯の生えてくるスペースがないので、永臼歯が重なり合って生えてくる可能性が高いと言えるでしょう。小児矯正を検討しておいたほうが良いでしょう。

診療科目一覧

出来るだけ痛みの少ない治療を心がけて、患者様に安心して治療に専念いただける環境を作っております。
歯医者の怖さを抑えるために、しっかり丁寧にカウンセリングの時間を確保します。
お口の健康増進を通して社会貢献を多くの人に行います。
健康で文化的な人間性のあふれる歯科医療人を育成します。

池尻大橋の歯医者・歯科なら
世田谷デンタルオフィス池尻大橋
ネット予約 電話をかける